高齢出産者は若い人以上に妊娠線に気をつけてケアをしよう

近年晩婚化にともない、35歳以上の高齢出産も目立って来ています。
そして妊娠線が出来るのも、若い人より中年だと言われています。
その要因は、皮膚のやわらかさに有ります。
若い人の方が皮膚が水を保ちやすいので、柔らかいんです。
しかし歳を取るに連れて水が少なくなるので、伸縮する力が無くなりひび割れるのです。
水で濡らした紙粘土は、滑りがよくてひびが入りませんよね。
それに変芸自在で、弾力も多いです。
だから丸めたり伸ばしたり、好きに動かせるんですよね。
ですが乾いた紙粘土は、少しの衝撃でとパリッと割れてしまいます。
そして弾力も無くなり、カチカチになります。
形を変えようとしても、ビクともしません。
そんな紙粘土と同じように、水分が無くなった体はひびが入りやすくなっているのです。
ですから出産時期が高齢になればなるほど、保湿をして潤いを与えなくてはなりません。
でないと簡単に、皮膚が裂けてしまいます。
裂けたお腹を元に戻すのは至難の技なので、裂けないように常に気をつけていましょう。
出来る事なら妊娠に関係無く、オイルマッサージをして妊娠線が出来るのを予防しておくと良いでしょう。
そうすれば絶対に裂けないとは言えませんが、妊娠線が出来る確率を大幅に下げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です