投稿者「melodyflag48」のアーカイブ

妊娠線、肉割れを予防するには?

妊娠線、肉割れが一度できてしまうと、そうなる原因を考えた場合、完全に治すのは難しいですが、普段からマッサージクリ―ムや専用クリームを使ってスキンケアしていると、ある程度予防することができます。ひび割れ線ができるのは肌の保湿とも関係あるので、コラーゲン入りのクリームによる保湿ケアを妊娠前から行っていると効果的です。

このように肌の新陳代謝を活発化させるのと妊娠した後に妊娠線ができて何もしないで放っておくのとでは雲泥の差があります。また肌の新陳代謝を高めるにはクリームでの肌のマッサージだけではありません。普段の食事も大切です。必須アミノ酸が含まれている食品群を多めに取りましょう。牛肉、鶏肉、魚、乳製品などには良質のたんぱく質が、豊富に含まれています。

コレステロールを下げる野菜群の摂取も大切です。例えば、キノコ類、玉ねぎ、ゴマ類、お酢、などです。コラーゲンを多く含む食品も取りましょう。牛筋、牛テール、鶏の手羽先、豚足、軟骨などです。コラーゲン鍋など積極的に取りましょう。

また、体を芯から温める温野菜も積極的に取りましょう。体温が上がると新陳代謝も活発化します。体温を上げるには運動やストレッチも良いです。

パーツ別の黒ずみのケア方法について

肌の黒ずみは、顔だけでなくカラダにも出来ます。
そして黒ずんだパーツによって、消し方が異なります。
まず表に出ているため黒ずみが非常に目立ち易い鼻は、洗顔を念入りに行う事で綺麗に出来ます。
鼻は油が多くて小さなパーツなので、洗ったつもりでも洗いきれていない事が多いんです。
きちんと洗いきれていないと、より黒ずんでしまうので洗顔は丁寧に行いましょう。
それからヒジやヒザの黒ずみは、刺激によるメラニンの蓄積が原因の可能性が高いです。
なのでクリームを塗って、マッサージをして改善しましょう。
しかし皮膚が硬いとクリームが浸透しないので、入浴しながらヒジを揉む等して柔らかくしてからクリームを塗りましょう。
次に脇は毛の処理を間違えると、くすんで見える事になります。
間違えた処理とは、脇毛を抜く事です。
またカミソリで剃るのも、肌に対する刺激が強過ぎるため黒ずみ易くなってしまいます。
なので腋毛を処理する時は、電気シェイバーを使って優しく丁寧に処理するようにしましょう。
またシェイバーを当てるのは、シェイビングクリームを塗り込んでからにすると良いでしょう。
このようにパーツ別にケア方法が違うので、黒ずんでいる部位に合う対策を取るようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみに効くスキンケアクリームの正しい選び方

デリケートゾーンやビキニラインなど
女性ならではの黒ずみを改善する為には
スキンケアクリーム選びが重要になります。

スキンケアクリームでも
配合されている成分はメーカーによって違いますし
黒ずみができた部位にもよって
専用クリームがあり刺激にも違いがあります。

そこで、デリケートゾーンの黒ずみを改善するクリーム選びは
・デリケートゾーン専用であること
・トラネキサム酸が配合されていること
・美白成分が配合されていること
上記3つが特に重要になります。

黒ずみは、体の数カ所にできる事が多く
脇やお尻、または膝や肘などもあります。

その為、黒ずみクリームでも
デリケートゾーン専用とされている方が
より効果的に違いありませんし
デリケートとされている部分でもある為
肌への刺激や負担が少なく配慮されているからです。

次に、トラネキサム酸配合が良いというのは
黒ずみに効能で
一番、低刺激の成分だからです。

ハイドロキノンが黒ずみに有効と聞く方も多いでしょうが
ハイドロキノンはデリケートゾーンには刺激が強すぎます。

そして、ビタミンC誘導体も黒ずみに有効で
低刺激ではありますが
黒ずみには作用が弱いかと思います。

そのため、トラネキサム酸が一番デリケートゾーンの黒ずみに合っています。

最後に、美白成分配合であるという事について
デリケートゾーンの黒ずみは
メラニン色素沈着によるものなので
メラニン色素を薄くする作用を含む
美白成分配合の商品がより効果的でお勧めという事です。

高齢出産者は若い人以上に妊娠線に気をつけてケアをしよう

近年晩婚化にともない、35歳以上の高齢出産も目立って来ています。
そして妊娠線が出来るのも、若い人より中年だと言われています。
その要因は、皮膚のやわらかさに有ります。
若い人の方が皮膚が水を保ちやすいので、柔らかいんです。
しかし歳を取るに連れて水が少なくなるので、伸縮する力が無くなりひび割れるのです。
水で濡らした紙粘土は、滑りがよくてひびが入りませんよね。
それに変芸自在で、弾力も多いです。
だから丸めたり伸ばしたり、好きに動かせるんですよね。
ですが乾いた紙粘土は、少しの衝撃でとパリッと割れてしまいます。
そして弾力も無くなり、カチカチになります。
形を変えようとしても、ビクともしません。
そんな紙粘土と同じように、水分が無くなった体はひびが入りやすくなっているのです。
ですから出産時期が高齢になればなるほど、保湿をして潤いを与えなくてはなりません。
でないと簡単に、皮膚が裂けてしまいます。
裂けたお腹を元に戻すのは至難の技なので、裂けないように常に気をつけていましょう。
出来る事なら妊娠に関係無く、オイルマッサージをして妊娠線が出来るのを予防しておくと良いでしょう。
そうすれば絶対に裂けないとは言えませんが、妊娠線が出来る確率を大幅に下げられます。

あなたも、歯のホワイトニング始めませんか

株式会社美健コーポレーションの薬用パールホワイトプロシャインは、@COSME口コミランキング歯磨き粉部門で第1位、自宅で簡単にホワイトニングできる歯科医も注目の歯磨きジェルです。

独自の製法で配合されている「メタリン酸・リンゴ酸・ポリリン酸・薬用成分のIPMP」が黄ばみや雑菌にアプローチ、歯を白くすると同時に「虫歯・口臭・歯石・歯槽膿漏」を予防します。

自宅でブラッシングするだけで、白くて清潔な歯になります。美容歯科ではお金のかかる歯のホワイトニングですが、薬用パールホワイトプロシャインを使えば安いお金で同じ効果が得られます。

[定期プラン特典1.値引き] 続けるほど安くなります。定期プランの場合、初回は半額で購入できます。7回目からは10%OFF、10回目からは15%OFFになります。

[定期プラン特典2.プレゼント] オリジナル歯磨きと歯ブラシが毎回プレゼントされます。薬用パールホワイトプロシャインと併用すると効果がアップします。

歯の黄ばみやクスミが気になっている人、タバコをよく吸われる人、コーヒーや紅茶などカフェイン飲料の好きな人、歯石や歯垢の多い人、そんな皆さんにお勧めします。

薬用パールホワイトプロシャインなら、自宅でブラッシングするだけで白くて清潔な歯になります。あなたも、歯のホワイトニング始めませんか。